当時、彼は30代前半で私は20代後半でした。彼の職場では産休・育休の欠員が相次ぎ、以前よりも彼の仕事が忙しくなり残業も多かったです。

会う度に行為はしていましたが、もともイクまで長かった彼がなかなかイケないことも増えてきました。疲れもあったと思います。

最初の頃は彼も時間をかければイケたのですが、徐々にイケなくなってきて、終いにはだんだん勃ちにくくなりました。(全く勃たないわけではありません。)

大きさや反り方が、いわゆるフル勃起の全開状態よりもやや弱めの8割程度になったように感じます。はじめのうちはちょっと抱き合うだけで勃ってたくらいなのですが…。

勃ち方が弱くなってからの彼は愛の行為前後で私の顔色をうかがっているようになりました。やはり男性にとってその話は傷つけてしまうと思い、なかなか言い出しにくい部分はありましたね。自分を責めたり、勃たなきゃ!みたいな焦りがあるとよけい勃たなくなるだろうし…「がんばろう!」って声かけるのも違う気がしたので、極力普段どおりに接していました。

彼が感じる触り方や舐め方、膣トレもやってみました

それ以降、彼とそういう雰囲気なったときは、例え私がその気分じゃなくとも彼が誘ってきたら拒否せず受け入れていました。以前から行為するときはほぼ100%彼が誘ってきてたので、私からも誘うようにしました。彼が興奮するような触り方や舐め方、じらし方などのテクニックをコッソリ勉強しました(笑)

あとは、彼の料理にはニンニクを入れたり、焼き肉を食べたり、マカのサプリメントを飲んでもらったりと精力がつくよう食事での対策と、日々の疲れをとってもらえるように家デートを増やしたりしました。

私も私で、改善できることを探してとり組みました。例えば、バストアップやヒップアップのエクササイズに加え、お腹やふとももを引き締めて幻滅されないカラダづくりをしたり、締める力があるとイキやすくなるかなと思い「膣トレ」をしてみたり、メイクや髪型を変えて新鮮な気分になれるよう努力しました。

正直食事やサプリメントの効果はよくわかりませんでしたが、少なくとも彼の疲れをとったことと私の改善は効果があったと思います!変えた外見やカラダを褒めてくれましたし、様々な勉強(笑)と膣トレの成果か、勃つまでの時間や大きさ、反り方も付き合いはじめのころのように、見違えるようになりました。それで自信を取り戻したようにみえます。

そっと支えつつ、パートナーの女性としてできることをしてあげてください。

ショックを受けているのは女性ばかりでなく、男性本人の方が大きいと思います。ですので下手に声をかけると逆にプライドを粉々にしてしまうこともあるので、そっと支えてください。特に長年の付き合いだとマンネリ化してしまうことはあります。彼だけでなく、自分も女性としてパートナーとして改善できる部分は努力しましょう。